治験コーディネーター求人トップページ > 治験コーディネーターのやりがい

治験コーディネーターのやりがい

せっかく転職したのに、その先にやりがいがなければ、あまり意味がありません。出来れば転職前にその職種にやりがいが持てるかどうか判断しておきたい所。治験コーディネーターの業務におけるやりがいとはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

治験コーディネーターのやりがいを実際にコーディネーターとして日々業務に当たっている方の声を参考に作成しました。あるSMO企業で働くCRCの方は、治験がスムーズに行なえるような早期の組み入れに寄与できた時にやりがいを感じるとお話ししています。また、被験者と関わり、はじめはやる気がないような被験者でも、自分との話を通じ、治験の目的を理解してくれて、安心感を持って同意書にサインを頂けたときなどにもやりがいを感じることが多いそうです。さらに薬に同意してくれるようになったときも同じ。一番大きなやりがいは、そのプロセスを経て、自分が関わった薬が世に発売された時が最も大きな喜びであり、やりがいを感じる瞬間であるとお話ししています。

また看護師から治験コーディネーターに転職された方は、その業務の違いから様々なやりがいを感じることができるそうです。一つは「頼られている」ということ。治験コーディネーターの業務は非常に関わる人が多く、医師や看護師、製薬会社の担当者や被験者など様々な人と関わります。特に医師など権威のある方から、治験に対して行なう業務を治験コーディネーターに任せられていたり、被験者からすると、最も近い存在なので、頼られることも多々。このような時に自分は頼られていると感じることが出来るようです。やはり大きなやりがいとしては、自分がコーディネートした新薬の販売が開始された時。新薬には発売されるまで、数年、長くて10年近くかかる場合もあるそうです。その長い期間を経て新薬が発売されるという喜びが最も大きいそうです。付随して、新薬を待っているたくさんの患者さんに貢献できることもやりがいであるとお話ししています。

もう一つ、看護師経験のある方のやりがいですが、看護師と異なり、治験コーディネーターの業務はプロジェクト単位。治験が開始し、終了すると、その業務も終了します。看護師では、24時間患者さんと関わり、主な業務はプロジェクト単位ではないことがほとんど。プロジェクトが終了するごとに、今まであまり体験することが無かった達成感を得られることがやりがいの一つだそうです。

>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【薬剤師用】をチェック!
>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【看護師用】をチェック!