治験コーディネーター求人トップページ > 治験コーディネーターを辞めたい時

治験コーディネーターを辞めたい時

治験コーディネーターは、これから先の世の中において、どんどんと需要が高くなる職業であることは間違いないでしょう。実際に、調剤薬局などで勤務する薬剤師や、病院などで働く看護師が、こぞって治験業界への転職を決めている傾向が、現代ではよく見られていますよね。

治験業界のことを知れば、確かに仕事へのやりがいや、給与や、勤務体制などの待遇の面で、魅力を感じることは多いでしょう。しかしデメリットもあるということは忘れてはなりません。ここでは、ある治験コーディネーターが、仕事を離職した理由というものを紹介しましょう。

何気に治験コーディネーターとして、SMOへ所属しているというものは、ほとんどの人間が居心地がよく楽しいという感想を述べているものなのです。それではなぜ治験コーディネーターの職を辞したのか。

まず病院の看護師として雇われている治験コーディネーター(一般に言われる院内CRC)であれば、看護師が認められている医療行為ができるという特徴があります。しかしSMOの社員になってしまうと、いくら看護師免許を持っていたとしても、扱いは、一般企業の社員というものになってしまうということです。つまりは看護師資格もあれば、臨床経験なんてものもあるのにも関わらず、看護師ではないという判断をされていまうのです。所属する会社にもよると思いますが、血圧測定もダメというところもあるくらいなんですね。いつも付き添っている被験者さんのちょっとした要求にも病院の看護師さんにお願いしなければならないもどかしさがある。これが離職の原因になりえるのです。「できることができない」という環境のストレス。

またSMOという企業は、いわば病院と製薬メーカーに仕事をもらっているという弱い立場なわけです。製薬メーカーと病院に無理難題を押し付けられても、SMOの社員としては、その無理難題な要望に答えなければなりません。これがとても高いストレスになり、職を辞そうと思う原因になるようですね。

また企業から派遣されて病院に行くということで、医師や看護師からは製薬メーカーの営業のように扱われることも当然にあるわけです。そういった人間が患者さんに直接体調のことをたずねたりするので、「医療関係者でもないのに、図々しい。」とか思われることもあります。つまりは、知識不足からくるやっかみですよね。他にも弱いという立場を利用されて、接待の要求なんかもあるという現実もあります。こういったことが原因になって治験コーディネーターをやめようと思う人間は多いようですよ。

>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【薬剤師用】をチェック!
>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【看護師用】をチェック!