治験コーディネーター求人トップページ > 薬剤師が治験コーディネーターになる

薬剤師が治験コーディネーターになる

薬剤師から治験コーディネーターに転職する薬剤師さんは、近年になって増加している傾向にあります。一般的には、離職率が低いとされている薬剤師ですが、さまざまな理由から転職を決意し、その転職先を治験コーディネーターにしている薬剤師さんは大勢いらっしゃいます。

薬剤師が治験コーディネーターの道に入るために、特別に他の資格を取得しなければならないということはありません。ただ薬剤師の免許さえ持っていれば、大抵のSMOやCROは、採用してくれるはずです。なんといっても、薬剤師の強みは、薬学の知識を豊富に持っているということです。実際に調剤薬局や、病院薬局において、調剤や製剤なんてものをこなしていたのであれば、かなり重宝されることになるでしょう。治験コーディネーターとは、そもそもに新薬の臨床試験を行い、その安全性などを立証するための仕事ですからね。医薬品というものが絡んでいる以上、薬学の知識というものは、非常に重宝されることになるわけです。

ただし薬剤師が治験コーディネーターになるためには、乗り越えなければならない問題があります。これはコミュニケーション能力というものを、高く持っていなければならないということです。治験コーディネーターの大きな仕事のひとつとしてというか、メインの仕事は、被験者に対してのインフォームドコンセントなわけですから、当然に被験者の不安や不満などを取り除き、解決するためのコミュニケーションが必要になってくるわけです。薬学に関して素人である被験者に対して、薬学用語なんてものを用いたり、医学用語を用いたりして、コミュニケーションをとっても、はっきりいって相手は何をいっているからちんぷんかんぷんなわけですよ。

こういったコミュニケーション能力の欠如が見られる薬剤師の場合は、はっきりいって薬学の知識が沢山あったとしても、治験コーディネーターとして採用される確率は低くなってしまうことでしょう。またもしも治験コーディネーターとして採用されたとしても、なかなかうまくいかないコミュニケーションに、そこに参加している医師や看護師に、迷惑をかけてしまういことにもなるでしょう。当然にあなたはストレスを高く持ち、それがモチベーションの低下につながり、離職につながるケースもあるわけです。

こういったことから、薬剤師から治験コーディネーターへの転職の際には、コミュニケーションスキルを徹底的に磨くことが大事になってきます。とにかく自分主体ではなく、相手の身になるコミュニケーションを身につけましょう。

>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【薬剤師用】をチェック!
>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【看護師用】をチェック!