治験コーディネーター求人トップページ > 東京の治験コーディネーター求人

東京の治験コーディネーター求人

東京は比較的治験コーディネーターの職を得やすい地域です。治験コーディネーター求人は数多く存在していて、多く見られるのが「未経験可能」という条件です。それまでは薬剤師として働いていたけれど、これから先はその資格と経験を活かして新しいフィールドに進出したいと考えている方にとっては東京ほど適したエリアはありません。

地方で働きながら治験コーディネーターを目指しているけれど、なかなか良い募集がないという方、経験者しか募集されていなくて、どうしても未経験では立ちいかないという方は、この機会に一度東京で経験を積むという手段をとることができます。数年、経験を積んで、今度は経験者として地元で治験コーディネーター求人にリベンジするという方法です。

もともと、日本の首都である東京では他の地域にはない求人の幅広さがあります。人が多く暮らしている分だけ産業も発達していて、その分だけ仕事の口も多いというわけです。「家賃が高いのではないか」、「物価が高いのではないか」という懸念を抱く方がほとんどですが、そのような心配は無用です。都心の半径50キロ圏内はベッドタウンとして、十分都内のどこへでも通勤可能な環境にありますし、実際にそこから通う方がとても多いです。家賃が高いのは都心近辺だけであり、郊外は地方と大差ありません。そして物価も特に変わりません。

治験コーディネーターだけではなく、さまざまな分野でそのように都会で経験を積む方は多いです。あらかじめ年数を決めておいて、その期間集中してその仕事の経験を積むのです。東京の人口はとても多いのですが、そのような方や学生も多いことから、出入りは激しいです。ただ、そのような方でも「3年限定で」などということを応募の際に伝えてしまうと、内定をもらえる確率が極端に下がってしまいます。

三年間勤めるということは、実は東京では長い方であるということもあり、あらかじめ期間限定であることを伝える必要はありません。自身で決めた期間、自身で決めた「経験」のラインは、自分の中だけで秘めておいて、その決断も自身で行うことがポイントです。東京の有効求人数は、とにかく地方と比較しても圧倒的な件数です。独身などのフットワークが軽い方は、一度都心に進出することを検討すると可能性が一気に広がります。 もちろん、すでに都心に暮らす方にとっても転職できる可能性が高いエリアなのは変わりませんから、積極的に目標に挑んでください。

>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【薬剤師用】をチェック!
>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【看護師用】をチェック!