治験コーディネーター求人トップページ > 治験コーディネーターの転職活動のポイント

治験コーディネーターの転職活動のポイント

日本では、治験コーディネーターの需要が年々高まっています。この背景には、日本という国の特徴というものが反映されている結果と言えるわけです。日本という国は、新薬などに対して、薬品の規制というものが、世界的に厳しい国なんですよね。製薬会社などが、新しい薬を開発し、世の中にだそうと思っても、そこには絶対に臨床試験を求められることになります。この臨床の結果で、基準値をクリアしない場合には、はっきりいって新薬として認可されるということはないわけですね。治験コーディネーターは、この臨床試験の際には欠かすことができない存在であり、人材が確保できなければ、製薬会社などは、商売上がったりの状況に陥ってしまうことになるわけです。しいてはそれが、日本の医療の発展を遅らせてしまう元にもなってしまうのですよ。

治験業界に転職を実現するために、現在所有している看護師資格や、薬剤師資格以外に、取得すべき特別な資格なんてものを取る必要はまったくありません。ただし、治験業界の中でも治験コーディネーター(CRC)や臨床開発モニター(CRA)と言った職種では、実務の中で医療や薬剤に関する知識や経験が問われます。薬剤に関することであれば、薬剤師の得意分野ですから、現在薬剤師の方や薬剤師の資格を持っている人間ならば問題はないでしょう。看護師の方は、ある程度の知識を、勉強し、頭の中に叩き込んでおく必要が出てくるわけです。

こういった影響のために、病院や医療機関での臨床経験があり、薬剤師という医療系の資格を持っている薬剤師は、治験業界での需要がとても高いと言われているんですよね。治験は新しい薬の安全性や有効性を確認するための臨床試験ですから、薬学の知識があれば、それは当然に重宝されるわけですよね。調剤薬局や、病院薬剤師などで、調剤であったり、それぞれに独自の製剤なんてものをしている実績があれば、当然に転職には有利に働くといえるわけです。

薬を扱う仕事ですから、各種薬剤の基本的知識がある薬剤師は治験で使う新しい薬への理解も早いということが簡単に予想することができるでしょうし、治験の意図も把握しやすいので適任ということになるわけなんです。ですから看護師の方は、特に薬学系の知識の習得が必須になってくるわけです。

それに治験業界では、業務をスムーズに進めるためのさまざまな専門用語がいくつもありますから、これも覚えておく必要があります。

ほかにも、各種ビジネス文書やミーティング資料・報告書などを短時間で作成しなければなりませんから、WordやExcelなどのパソコンスキルも必要になってくると言えるでしょう。転職成功のコツは、こういった必要な情報を仕入れ、転職活動までにスキルを磨いていくということではないでしょうか。

>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【薬剤師用】をチェック!
>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【看護師用】をチェック!