治験コーディネーター求人トップページ > 仙台の治験コーディネーター求人

仙台の治験コーディネーター求人

宮城県で治験コーディネーターになるためには、選択肢は仙台しかありません。さらに、同地域では先の震災以降あらゆる職種で「求人」自体が減少傾向にあります。治験コーディネーター求人も例外ではないため、数多くの求人のなかから気に入ったものを選ぶということ自体が困難である可能性もあります。さらに、複数の求人を見つけたとしても、運営会社が同一である可能性もあります。北海道などにも進出している大手のSMOである場合、その会社での選考に破れてしまった場合、後がなくなる可能性があります。

被災した東北地域では、医療の高度化は急務といってもよく、CRCに求められていることはとても大きいです。震災の精神的なショックと疾患が併発している患者さんも多く存在しているため、その治療に際して新しく有効な手段を開発するということは、一種の復興にもなります。そのような重大な責任を担うということは同時に「やりがい」を持つことでもあります。

仙台の治験コーディネーター求人には、そのような人材に門を叩いて欲しいという願いも込められています。地域の誰もが復興のことを考えています。震災を乗り越えて今生きている人が、病気を克服することで精神的な復興を実現することができるようにという気持ちです。ですから、地元の方であっても、他県からの方であっても、優秀な方であれば即戦力として採用したいというのが募集側の本音なります。

ある意味で能力優先であり、誰にでも等しくチャンスがあるように感じられますが、「地元である」というアドバンテージはほとんど感じられません。それほどまでにシビアに考えるのは、治療の発展によって東北に活力を取り戻すという意気込みが込められているからです。

求められるのは浮ついた「よそ行きの復興意識」ではなく、自身の仕事を通じて地域を変えていくという気概です。「被災したから」ということは何も関係なく、知識を発揮することができる方です。求人の絶対数が減っているなかだからこそ、確実な人材を確保したいということです。

あえて厳しく、あえて完璧な人材を求めることで、地域として治験コーディネーターの質を底上げすること、そして東北から新たな治療方法を発信していくことを目的にしています。我こそはと考えている方、地元のために力を尽くしたい方はもちろん、移り住んで自身の力を捧げたい方にこそ、チャレンジしていただきたいエリアです。とことん実力主義、それが東北の治験コーディネーター求人です。

>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【薬剤師用】をチェック!
>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【看護師用】をチェック!