治験コーディネーター求人トップページ > 治験コーディネーターになるには

治験コーディネーターになるには

薬剤師や看護師資格を所有している人間の中には、治験コーディネーターとしての転職を考えている人間も多くいらっしゃることでしょう。実際に治験コーディネーターになるためには、どうしたらなれるのか。実は名前を聞いただけなのに、実際にどういった仕事内容であるのか。またどういった人間が採用されやすいのか?ということを、把握していないことが非常に多いと言えるのですよ。

まずは治験コーディネーターが存在している理由というものを考えるべきではないでしょうか。それぞれの職種が、治験コーディネーターを求めている理由がわかれば、自然にどういったスキルなどを持っていれば、治験コーディネーターになることができるかを、把握することができるでしょう。

治験コーディネーターになるために、特別な資格は必要ありません。一般的には実務経験者であったり、看護師資格や薬剤師資格を持ち、なおかつ臨床などの経験がある人間が投用されることが多いわけです。

たとえば薬剤会社にとってのメリットは、実施計画書からの逸脱例の最小化を図ることができる。質の高いCRFの迅速化が実現できる。医療機関からの情報伝達の迅速化が可能になる。総合的な調整役としての機能を果たすことになるという点が挙げられます。

また医療機関のメリットとなる点は、医師や看護師の負担軽減が実現できる。GCP遵守の支援を受けられる。各種事務手続きのサポートを受けることができ、仕事の効率化が測れる。製薬会社からの情報伝達の迅速化が実現できる。総合的な調整役としての機能を果たしてくれるなどのメリットがあるのです。

そして最期に被験者にとってのメリットも存在します。治験内容に関する分かりやすい説明を受けることができる。人権を尊重した倫理面における配慮を受けられる。各種事務手続きのサポートを受けられ、知識がなくても、理解をすることができる。服薬指導を受けることができる。臨床試験中の相談窓口を受けることができ、不安や不満を解消することにつながるといったものです。

これらのメリットを考えれば、薬剤師や看護師の方が、治験コーディネーターを目指した時に、自分に何が必要であり、何の条件を満たしているのかを把握することができるでしょう。足りない部分は、転職支援サービスサイトなどが開催している治験コーディネーターになるための研修を受ければ済む話です。そしてその研修が終われば、転職支援サービスサイトが抱えている求人案件に晴れて紹介されることになるのですから、転職がスムーズに実現することができるでしょう。

>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【薬剤師用】をチェック!
>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【看護師用】をチェック!