治験コーディネーター求人トップページ > 治験コーディネーターの求人倍率

治験コーディネーターの求人倍率

治験コーディネーターになろうと思っている方はたくさんいらっしゃいます。その理由としては、治験コーディネーターの資格がなくてもなれますし、看護師や准看護師、薬剤師や臨床検査技師などの資格と実務経験があれば、どなたでもなれるからです。またやりがいが大きいことも事実。では、その治験コーディネーターの求人倍率はどのようになっているのでしょうか。

倍率は、もちろんタイミングや会社が人気かどうか、またエリアによって大きく異なります。看護師や薬剤師などの資格や、実務経験によっても変わってきます。治験コーディネーターの採用を受ける際、それぞれのステップでの審査率は、書類審査における合格率は50%程度、面接に置ける合格率は40%程度、そのうち20%程度が内定に結びつくと言われています。やはり転職回数が多い方や、検査会社経験のみの臨床検査技師などはより難しくなると言われています。

またエリアによっても大きく異なります。一般的に合格率が高いと言われているエリアは、東京や埼玉、千葉、神奈川、愛知、山梨、宮城などが合格率が高いもしくは難易度が低いと言われています。逆に合格率の低いもしくは難易度の高いエリアは北海道、大阪、九州全域、鳥取、青森、福井、和歌山などです。この点を見ても一目瞭然ですが、主に都心部での転職はより容易になっており、一方地方に関しては難易度が高くなっているのが特徴です。

データを参考にしてもやはり一番大切なのはあなた自身がどうアピール出来るかどうかです。転職の経験が豊富で、自己アピールにも慣れている方であれば問題ありませんが、少し自信が無い方は、転職サイトに登録することもオススメです。転職エージェントには、業種を絞った専門性の高いものがあり、治験コーディネーター専門の転職サイトもあります。専門性が高いので、それに見合った求人数も多くなっており、より転職先の幅が広がることはもちろん、嬉しいのは書類審査や面接などの転職活動の対策を行なってくれることです。

あなたがどんなに輝くスキルを秘めていても、相手に伝わらなければ意味がありません。ここでは、そのコツについて教えてくれるのでオススメです。また、実際に知り合いの方に治験コーディネーターへの転職に成功した方がいらっしゃれば、その方のアドバイスも参考にしましょう。実際の業務を聞くと、より具体的な志望動機も作れるので、この方法はオススメです。

>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【薬剤師用】をチェック!
>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【看護師用】をチェック!