治験コーディネーター求人トップページ > 治験コーディネーターの研修

治験コーディネーターの研修

治験コーディネーターは欧米では、今や治験の実施に不可欠な存在となっています。日本でも、その重要さが認識されてきており、その養成が急務となっている状態です。日本では、1998年5月、最初の治験コーディネーター養成研修が、日本看護協会看護教育・研究センターで実施され、その後、日本病院薬剤師会、日本薬剤師研修センター、文部省などでも行われるようになました。

近年では、SMOの業界団体(日本SMO協会、SMO協同組合)やNPOなども、CRC養成講座やCRC研修を実施しているという環境になっています。現在の日本においては、各団体が個別にCRCを養成していますが、将来は、これらを統一した機関の設置と、治験コーディネーター資格制度の開設が必要であるということが議論されているんですね。

実は看護師専門の転職支援サービスサイトでも、治験コーディネーターの養成セミナーなどは、頻繁に行われているんですよね。前述にもあるように、特に新薬の販売などには、臨床試験の義務を課しているような厳しい日本の環境にこそ、治験コーディネーターという人材の需要は非常に高いと言っていいわけで、これから先もどんどん必要となってくるこの職業の養成セミナーが統一化されていないとか、免許がないということ自体が問題視されている傾向があるわけです。

転職支援サービスサイトが、治験コーディネーターの養成講座や、研修システムを構築したり、セミナーなどを頻繁に開催しているのは、やはり治験コーディネーターの需要が高く、クライアントから、依頼をされていることが多いということを、如実に物語っていると言えるでしょう。前述にあるような協会が開催するようなセミナーや勉強会や、養成講座などで学ぶのも良いですが、転職活動とともに、一緒に受けることができる、転職支援サービスサイトのセミナーなどを受け、知識やスキルを習得したと同意に、転職先へと紹介してくれるという、システムが構築されているところで、学んだ方がずっと効率的だといえるのではないでしょうか。

薬剤師には薬学の知識などがあり、それがそのままに治験コーディネーターとして活かせるスキルを所有してはいるものの、コミュニケーション能力に関しては、ちょっと疑問符をつけざるを得ない状況です。

一方看護師に関しては、コミュニケーションスキルは高いものの、薬学の知識やスキルが、薬剤師に比べれば劣っているというポイントがあります。こういった弱点を克服し、即戦力の人材になるためにも、こういったセミナーに積極的に参加していきましょう。

>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【薬剤師用】をチェック!
>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【看護師用】をチェック!