治験コーディネーター求人トップページ > 准看護師が治験コーディネーターになる

准看護師が治験コーディネーターになる

准看護師のような医療系の仕事に携わってきたが、そろそろキャリアアップも考えて、転職をしたい、もしくは今の労働条件があまりよくなくて転職を考えている、という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方に向けて一つオススメの職種があります。それは治験コーディネーターです。

治験コーディネーターとは、CRC(Clinical Research Coordinator)と呼ばれ、主な業務としては、治験を実施する際に、適切に行なわれているか、もしくはスムーズな治験にする為に現場をコーディネートする人のことを指します。この業務に行なう上で、資格は必要ありませんが、看護師や准看護師、薬剤師など医療業務に従事した経験が必要になります。治験コーディネーターは、治験を主に行なう企業であるSMO企業(治験施設支援機関:Site Manegement Organization)で働くか、病院内のCRCとして働くかの二つの方法があります。今お勤めの病院内にCRCとしての登用精度等があるならば利用することも一つの転職方法です。また、SMO企業で働くのであれば、転職になるので、計画的に考える必要があります。

治験コーディネーターの主な業務内容は、治験の前から始まります。まず製薬会社が主催する勉強会に参加。その場で治験薬について学びます。その時点で、疑問等を解消しておきます。その後ミーティングを実施。プロトコルと呼ばれる治験実施計画書の確認を行い、各担当者に業務を振り分けていきます。主に治験コーディネーターは、このミーティングで司会進行を務めます。この場では、製薬会社の担当者や医師、看護師、臨床検査技師や薬剤師など様々な方が関わります。

その後、被験者に対してスクーリングと呼ばれる先ほどのプロトコルに即した被験者を探します。方法としては、医者からの紹介、病院のカルテや病院医療情報システムを使う、広告で募集するの3つの方法があります。被験者が決まるとインフォームド・コンセントと呼ばれる被験者に対して、治験の目的や方法、不利益や秘密保全について説明します。

実際に治験が開始すると、その治験にもよりますが最長で1年以上かかる場合もあります。短い場合は、1日程度で終了します。治験が終わるとフォローを行ない、その報告書を作成して、主な業務の終了となります。このように治験コーディネーターは医師や、製薬会社の担当、被験者など様々な方と関わる機会が多いため、コミュニケーションスキルが求められます。

>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【薬剤師用】をチェック!
>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【看護師用】をチェック!