治験コーディネーター求人トップページ > 治験コーディネーターの自己PR

治験コーディネーターの自己PR

治験コーディネーターへの転職を考えているが、転職活動は初めてで、どのように自己PRすればいいのか分からないという悩みを持つ方もおおいでしょう。実際の転職活動の際にはどうやって自己PRを作成すればいいのでしょうか。

オススメの方法は自分の強みやスタンスを全面に押し出すことです。今までの看護師や薬剤師の業務の中で培ったスキルや経験があることでしょう。まずはその点を全部洗い出してみましょう。その中で、一つか二つ自己PRを選択する訳ですが、判断基準としては治験コーディネーターとして活用できそうな部分を切り取りましょう。絞ることができたのであれば、次にすべきことは根拠を探すことです。ただ単に「私はこのような強みがあり、治験コーディネーターとしてこのように活かせます」と言った所で根拠がなければ、伝わりません。出来ればその根拠は自分の経験から探すことをお勧めします。今までの経験の中で、培うことが出来たスキルがあるでしょう。そのスキルを得る為にはどのように考えて、どのように行動し、実際にどうなったかを伝えることが出来れば、自己PRとしても納得が得られるでしょう。

また企業側から求められる点を参考に、自己PRを考える方法もあります。業側は、治験コーディネーターとして、医療知識はもちろんのこと、たくさんの方と関わるという点からコミュニケーションスキルを重要視しています。その強みを補強できる出来事や根拠となる自分の経験談を思い返してみましょう。

上記の強みやスタンスが見つからなければ、治験コーディネーターに興味を持ったきっかけや、今まで学んだこと、自分の性格などを治験コーディネーターと合わせて伝えることも一つの方法。ただ単に羅列するのではなく、大切なことは、治験コーディネーターと関連づけることです。

それでも自己PRが見つからない場合は、知人に聞いてみるか、もしくは他人の自己PRを参考にすることです。最近では、転職サイト等で自己PRが多数掲載されています。その点を参考にして、自分の経験と照らし合わせて、作成してくこともオススメです。また、転職サイト等で、自己PRの作成アドバイスを受けることもできます。特に治験コーディネーターに特化した転職サイト等もあるので、その業界に詳しい方の具体的なアドバイスを受けることが出来ます。このようにして自己PRを作成することも一つの方法ですので、非常にオススメです。

>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【薬剤師用】をチェック!
>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【看護師用】をチェック!