治験コーディネーターの業務内容は?

薬剤師の資格を所有している方の中には、治験コーディネーター(CRC)として転職を考えている方もいらっしゃると思います。しかし治験コーディネーターという言葉は耳にするものの、一体どんな内容の仕事をしているのか分からないという人がほとんどでしょう。そんな人のために、治験コーディネーターがどんな仕事をしているのかを紹介しましょう。

治験が始まる前の準備段階として、勉強会が開催されます。製薬会社の臨床開発モニターが、治験コーディネーター(CRC)に対して勉強会を開催するのが通常です。勉強会では、治験薬やプロトコル(治験実施計画書)の詳細であるとか、使用する資材についての説明を受けることになります。疑問点は全て解決できるように、治験コーディネーター(CRC)は事前に担当予定のプロトコロル(治験実施計画書)を読み込み、疑問点洗い出しておく必要があります。疾患については臨床開発モニターや同僚以外に、研修医や看護師からも情報を聞き、知識を蓄えます。患者さんからも情報提供を受ける必要があるでしょう。薬については薬剤師、検査については検査技師からも教えてもらいます。

そしてこれを元にスタートアップミーティングをし、各部署への説明に赴くことになります。その後に、製薬会社から搬入された検査キットを、管理をします。

これらの準備が整ったら実際に現場での治験コーディネーターの仕事が始まります。プロトコル(治験実施計画書)の基準に合う被験者を探します。この際には、併用禁止薬を服用していないか等の調査も行います。被験者を探す方法は、ドクターからの紹介であったり、病院カルテや病院医療情報システムを使用して探したり、広告を使い被験者を募集するというような、主に3つです。

そして治験コーディネーターのメインの仕事であるインフォームドコンセントを行っていきます。簡単に言えば被験者との面談のことですね。被験者が治験の説明を受け、治験に参加することに同意することを言います。治験コーディネーター(CRC)は、治験責任医師が被験者に対しインフォームドコンセントを行う際に同席し、そのサポートを行うわけです。当然に、良いことも悪いことも両方伝えるようにします。有害事象は、被験者がショックを受けないよう慎重に伝えます。多くの被験者にとって治験薬は怖そうだけれど、魅力的に映るため、治験に参加するのも、断るのも勇気が必要となります。ですから、治験コーディネーターは被験者の良き相談相手になることが、大事な仕事になります。

それで「治験コーディネーターに転職したい!」という方はここからよく読んで欲しいのですが薬剤師の方の看護師の方で使うサイトが変わってきます。詳しくは下記のランキングを読んで欲しいのですが 転職サイトランキングでは薬剤師用が、リクナビ薬剤師が1位、看護師用ではナースフルが1位を獲得しています。

治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【薬剤師用】

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
  • ・転職支援サイト大手であり、老舗であるリクルートが運営しているから安心感が段違い!
  • 業界トップクラスの実績を誇るキャリアコンサルタントが、あなたの転職活動をサポート。
  • ・薬剤師転職支援サイトの中でも、年収アップや将来性を考えている転職希望者におすすめ。
  • 給与や年収。またキャリアアップなどのこだわりの転職条件を掲げている人向けのサイト。
  • ・登録は簡単無料1分。入社後のサポートまでがスムーズに進む!転職未経験者におすすめ。
  • 書類や面接の注意点なども徹底網羅。長年業界トップの実績から的確にアドバイス。
  • ・リクナビ薬剤師の求人の75%は非公開求人。登録すれば、限られた案件を閲覧可能です。
  • 転職の目的別にキャリアパスを提示してくれるから、転職支援がしっかりとしている。

詳細はこちら

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
  • ・薬剤師のための定番転職サイト。利用者の満足度は驚異の94.6%。
  • 調剤薬局やドラッグストアなどの人気案件からCRCなどの希少案件も見つけられる。
  • 転職のために必要なスキルを磨き、希望の職種に転職できるようなセミナーを開催。
  • ・職歴を考慮した職場の紹介と経験豊富なキャリアアドバイザーの的確なアドバイスが売り。
  • ・転職者の環境やライフスタイルに合わせ、希望にベストマッチした転職先をご紹介。
  • 目的としている将来像への道を的確にナビゲートしてくれるから、人生設計を立てやすい。
  • ・コンサルタントの対応が早く、書類作成や条件交渉など、親身なサポートを行ってくれる。
  • 年収や勤務時間だけではなく、職場の人間関係や仕事環境などの内部事情までを情報公開。

詳細はこちら

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
  • ・薬剤師のための転職案件、または派遣やパートなどの案件を豊富に取り揃えているサイト。
  • 電話での転職相談屋仕事への問い合わせもでき、土日も構わず対応してくれる。
  • 薬剤師の転職サイトの中でも、最良質な案件を所有。そのほどんとが非公開求人。
  • ・東北地方、大阪、東京には強く、独自のパイプを企業や医療機関に持っているのが強み。
  • 病院はもちろん、調剤薬局、ドラッグストア、治験コーディネーターまで幅広い案件。
  • ・納得のいくまで転職先を検索。離職率が低く満足度が高いのが売りの転職支援サイト。
  • ・ファルマスタッフは調剤薬局の日本調剤グループが運営していて調剤とのパイプが豊富。
  • ・転職の際に必要なスキルや、希望職種の将来性なども説明してくれる。

詳細はこちら

治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【看護師用】

ナースフル

ナースフル
  • ・転職のプロフェッショナルであるリクルートグループだから、安心して転職活動できる。
  • ・高給与・好条件の案件が豊富。治験コーディネーターの中でも、選りすぐりのものを用意。
  • 日本最大級の求人数なので、見つけにくい治験コーディネーターの職も豊富な求人数。
  • ・転職実績豊富なリクルートのキャリアコンサルタントが、入職までを徹底サポート。
  • 登録はインターネットなどから、24時間、365日登録可能。自分の都合に合わせられます。
  • ・キャリアコンサルタントが希望を聞いてくれるから、妥協のしない転職活動ができる。
  • 面談の日程調整から、合否の連絡や退職手続きなど、煩わしい作業はすべて代行します。
  • 忙しい看護師でも在職中でも負担にならず、妥協のしない転職活動が実現出来るのが魅力。

詳細はこちら

マイナビ看護師

マイナビ看護師
  • ・転職業界で人気のマイナビが運営する「マイナビ看護師」が上位にランクインです!
  • ・キャリアアップに関するあらゆる支援を転職者に提供しています。
  • ・全国9万件以上の医療機関情報を網羅。これは国内最大級の求人数です。
  • ・給与のアップや残業の有無、休日の消化率まで、聞きづらいことを直接交渉してくれる。
  • 治験コーディネーターのような、人気案件も非公開求人として、多く所有しているサイト。
  • ・サービスはもちろん全てが無料。セキュリティーも万全だから、情報が漏れる心配無し。
  • ・転職サポートを安心して受けることができるように、あんしんサポート窓口を設置。
  • ・転職を成功させるためのノウハウが詰まった人気の転職サービスです。

詳細はこちら

ナース人材バンク

ナース人材バンク
  • 年間登録者10万人以上の人気転職支援サイト。もちろん実績の高さが人気の理由です。
  • ・代理での求人探しや、転職先との条件交渉など、キャリアコンサルタントが徹底サポート。
  • ・厚生労働省認可のサイトであり、上場企業が運営するサイトなので安心と信頼が違います。
  • 治験コーディネーターなどの希少案件なども見つけやすく、案件の質が高いことでも有名。
  • ・面談も担当者が同行してくれ、治験コーディネーターなどの未経験の職場でも安心。
  • ・未経験であっても、給与面や勤務時間などの労働条件をしっかり交渉してくれるから安心。
  • ・看護適職フェアなどの転職に役立つセミナーも定期的に開催している親身なサイト。
  • ・看護師に有利な資格や、看護師資格を持っているからこそ働ける職種などを丁寧に説明。

詳細はこちら

薬剤師と看護師が治験コーディネーターになる理由

薬剤師や看護師資格を有している人間が、治験業界へと転職を希望し、治験コーディネーター(CRC)になっている流れが近年では目立ってきていますね。同じ医療現場ではあるものの、なぜ違った職場への転職をするのでしょうか。

まず、治験コーディネーター(CRC)には、薬剤師の方を多く採用している現状は多いですが、実際に治験コーディネーターとして活躍しているのは、看護師の資格を持った方が多くなっているというのが現状です。この理由として挙げられるのは、薬剤師の数よりも、看護師の数の方が、圧倒的に多いという点。また、看護師の方よりも薬剤師の方のほうが転職先の選択肢が、多いというのも理由。看護師の方なら、病院、クリニックなどの医療機関が主となっているでしょう。薬剤師の方であれば、医療機関の他に、ドラッグストアや在宅薬剤師、漢方など、幅広い転職先があると言えます。

またポイントとして、離職率の問題があります。薬剤師の離職率は、他の医療系を含まない職業と比較しても、圧倒的に低く、一度就職をすれば、長年そこに務めるということであったり、定年まで働くというパターンが通常の形です。一方看護師の場合は、3年周期での転職が当然のような業界ですから、離職率は非常に高いということが挙げられるからです。こういった面からも治験コーディネーターには、看護師の資格を持った人間の方が、多く存在していると言えるでしょう。

さらに、看護師の場合、毎日患者さんとのかかわり、医師とのかかわりなど、人間関係が重要になってくる仕事ですから、コミュニケーション能力は備わっている場合が多い。しかし、薬剤師の場合、看護師と比較すると、直接的に患者さんや医師と関わるというような事はほとんどありませんから、コミュニケーション能力の高さが必要な治験コーディネーターの仕事はちょっと苦手だと思うことも多いのです。

治験コーディネーターに必要なのは、コミュニケーション能力です。服薬指導を始め、心のケア、話し相手になるという事も大事な仕事なのです。今まで患者さんと関わるというケースがそれほどなかった薬剤師にとって戸惑う点になるかもしれません。

それでも治験コーディネーターになりたい看護師や薬剤師が多いのは、新薬開発の一旦を担い、新薬の登場というものを心待ちにしている多くの患者さんに貢献することができるという点ではないでしょうか。看護師も薬剤師も医療の発展に貢献したいという志は高く持っている方が多いのです。薬剤師の方で治験コーディネーターを目指す方は下記サイトなども参考にしてみて下さい。


>>薬剤師が求人を探す時に使えるのはこのサイトです!治験系の求人も多数です!<<

薬剤師転職サイトと看護師転職サイトで治験コーディネーターになる

薬剤師でも看護師でも、治験コーディネーターになるためには転職支援サービスサイトというものを利用することを推奨します。薬剤師であれば薬剤師の、そして看護師であれば看護師専門の転職支援サービスサイトは、世の中に多く存在していますからね。

治験コーディネーターには、それ専用の国家資格がありません。しかしながら実際に治験コーディネーターとして採用される場合には以下の点が、判断材料として注目されることが多いでしょう。まずは薬剤師経験者と薬剤師の資格を有する人間。看護師の経験者と看護師資格を有する人間。また即戦力となる人間です。資格を持っているということだけで、実務経験がない場合には、採用されることは難しいでしょう。できることならば、治験業務を経験している人材を求めているところがほとんどです。

しかしながら、未経験者でも転職は決して不可能というわけではないと言えますね。実は、未経験者のための研修制度などを実施している会社などもは、沢山にあるのです。ですから転職支援サービスサイトをおすすめしているわけです。転職支援サービスサイトの中には、治験コーディネーターになるための、キャリアアップ研修なんてものを実施しているサイトも多いですからね。だからこそ登録しておくべきだと言えるのです。

実務経験者は即戦力として見られ、未経験者は研修からという2つの方向で、治験コーディネーターを募集しているところがその大半だと言えるのです。先ほども述べたように、求人サイトや転職サイトには、求人募集以外にもこのような研修制度の情報も充実しているものがたくさんあります。ですから、これらのサイトを上手に活用することで、治験コーディネーターの転職に有利な情報を集めることができるわけです。

なぜ転職支援サービスサイトが、治験コーディネーターの研修制度を行っているのか?答えは簡単ですよね?それは治験コーディネーターの需要が高く、募集案件が殺到しているからです。募集案件が多いのに、なり手がいない。また興味はあるけれど、経験がないとなれば、研修制度を設け、治験コーディネーターとして働ける人材を育成するしかありませんよね?

だからこそ率先して治験コーディネーターの研修などを行い、人材育成に当たっているのですよ。治験コーディネーターのなり手をここまでしても求めているわけですから、治験業界で働きたいと思ったのであれば、それぞれにある転職支援サービスサイトに登録するのが一番なのですよ。


>>看護師から治験業界に転身するならココ!未経験もokなど好条件が多いです!<<