治験コーディネーター求人トップページ > 治験コーディネーターの募集先の探し方

治験コーディネーターの募集先の探し方

治験コーディネーターの募集先を探す最も良質な方法というのは、看護師であったり、薬剤師専門の転職支援サービスサイトを利用することではないでしょうか。この方法をプッシュする理由は、ちゃんと存在します。

それはそれぞれのサービス支援サイトが、治験コーディネーターになるための、キャリアアップ研修を実際に行っているという点です。これらの転職支援サービスサイトが、研修を行っているのは、何も社会貢献をするためだけではありません。実際にクライアントから依頼される転職案件の中に、治験コーディネーターの案件が多いからにほかならないからです。実際に依頼はあってもなり手が少なければ、その転職支援サービスサイトの信用問題につながりますよね。

薬剤師や看護師で転職を望む人間の中で、治験コーディネーターの経験がある人間は、はっきりいってほとんどいないといってもいいでしょう。ほとんどの人材が、治験業界の実務経験は皆無という状態なわけですよ。しかし依頼をしてくるSMOなどは、即戦力を求めている。ここにミスマッチが生まれるわけです。ですから、実務経験がなくても、治験コーディネーターの仕事を知り、知識を知り、それを覚えてもらう研修が必要になってくるわけですね。

こういった研修をするくらいまでに、治験コーディネーターの案件が、転職支援サービスサイトに集まってきているということになりますから、それだけに多くの求人案件を所有しているという証明になるわけですよ。クライアント側は、ある程度の経験と知識を有している人材を求めているわけですから、一般的な求人媒体には、募集をかけないことが多いのです。

一般的な求人媒体に載せてしまうと、はっきりいって、まったく治験業界のなんたるかも分からない人間が応募をしてくる場合だってある。たった200文字程度の広告の中で、治験業界のなんたるかを説明している暇はないですからね。給与面や待遇面やちょっとした仕事内容を明記すればそれで終わってしまうわけです。だから自分たちが望む人材が集まらず、無駄な面談時間を使ってしまうことになるわけです。

この非効率な状態をなくすために、転職支援サービスサイトを利用し、教育から人材紹介までを、任せているというのが、治験業界のスタンダードな戦略になっているのです。ですからより良質であり、多くの案件を抱えているのは、転職支援サービスサイトであると言えるのですよ。だからこそ効率的な治験コーディネーターとしての転職活動をするのであれば、転職支援サービスサイトを利用すべきなのです。

>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【薬剤師用】をチェック!
>> TOPページで治験コーディネーターの求人に強いサイトランキング!【看護師用】をチェック!